反原発 緊急デモ @ 津山

tsym.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 26日

5.13 津山緊急 反核デモ!!!

どこそこで今、たった一基動いてる原発が5月5日に停まる。
どこそこの原発を再稼働させたい。
どこそこの原発に新しい燃料棒が運び込まれた。
どこそこの原発の真下に、何十年も否定してきた活断層がある事を認めた。
どこそこの国から何年分の燃料棒を買った。これからも買う契約。
どこそこで子供が雨に打たれてる。
どこそこの原発がまた漏らした。
どこそこに原発作る。
どこそこで瓦礫燃やす。
どこそこに灰埋める。
どこそこに避難した家族に会いたいが高速道路料金の免除が終わった。
どこそこの4号基を世界が心配してる。
どこそこの住宅街で除染してる。
どこそこの国に世界が注目してる。
あの国はいったい何処へ向かうのか。

どこか別の世界で起きてる事だとしても間違いなく悲しくなるでしょうが、全部私達の事なのです。

d0244584_12345197.jpg


「さよなら原発、津山緊急 反核デモ!!!」
日: 5月13日(日)
時: 11時半集合、12時出発
集合場所: 山下児童公園 (大手町、鶴山交番向い)
参加資格: 原発無しで暮らしたい全ての人、または動物
持ち物:プラカード、旗、拡声器、タイコ、賑やかな音の出るモノなど沿道や車にアピールしやすい物があるといいですね。
注意事項: 途中、歩道を歩く箇所があるので歩道を歩く際はなるべく2列程度の細い列になるようお願いします。
コース:約1時間半程度
d0244584_820548.jpg

(見にくくてスイマセン。)



終了後、ソシオ一番街内の「ZAPPA 雑派」にて交流会を予定しておます。

*追記あると思います。

d0244584_12432628.jpg


問い合わせ:antinucleartym@gmail.com


d0244584_1715342.jpg

[PR]

by tsuyamademo | 2012-04-26 08:18
2012年 04月 18日

もし。

原発再稼働“黒幕”が前面に!民 主、険悪な雰囲気 4.17

政府が関西電力大 飯原発(福井県おお い町)の再稼働を目 指す中、原発問題 で“影の司令塔”を担 う民主党の仙谷由人 政調会長代行が前面 に乗り出してきた。 党執行部は再稼働容認の政府判断を尊重 する方針だが、党内からの批判は鳴りや まない。ただでさえ党内を二分する原発 問題に、仙谷氏の「復権」を狙うかのよ うな言動への反発も加わり民主党は混迷 の度合いを深めている。 17日夕、国会内で開かれたエネル ギープロジェクトチーム(PT、座長・ 大畠章宏元経済産業相)と原発事故収束 対策PT(座長・荒井聡元国家戦略担当 相)などの合同会議。約100人が集ま る中、仙谷氏は批判の矢面に立たされ た。 「仙谷さんはどんな資格で閣僚会合に 出席しているんだ。おかしい!」 山田正彦元農水相が仙谷氏にこう迫る と仙谷氏は「前原誠司政調会長と話した 上で行ってるんだ」と言い返し、険悪な 雰囲気が漂った。 会議では「政府はなぜそんなに再稼働 を急ぐのか」などの批判も続出。仙谷氏 は「再稼働というのは行政執行の問題 だ」と説明したが、再稼働反対派が納得 することはなかった。 山田氏が言う閣僚会合とは、大飯原発 再稼働の「容認」を決めた野田佳彦首 相、藤村修官房長官、枝野幸男経産相、 細野豪志原発事故担当相、斎藤勁官房副 長官による関係閣僚会合を指す。4月3 日から始まった会合はこれまで6回開か れ、議論を主導したのは、ほかならぬ仙 谷氏だった。 なぜ仙谷氏なのか-。民主党は与党に なっても「右から左までの寄り合い所 帯」という性格から抜け切っていない。 再稼働への反発が根強いのもその表れ で、首相は党内の反発を押さえ込む“剛 腕”を必要としていた。 そこで白羽の矢が立ったのが仙谷氏。 仙谷氏自身も望むところだった。 鳩山由紀夫政権で国家戦略担当相を務 め、原発メーカー幹部らとベトナムに渡 り原発技術の輸出を約束し、ベトナム政 府要人とのパイプを構築。菅直人政権で は官房副長官として東京電力福島第1原 発事故の賠償スキームの策定を急いだ 「実績」もある。 仙谷氏は昨年秋ごろから枝野、細野両 氏らと毎月数回、都内のホテルなどで原 発再稼働の道筋をつけようと密会を重ね るようになる。大飯原発再稼働「容認」 を決めた関係閣僚会合の前身だ。 前原氏は17日の記者会見で原発再稼 働について「党の考え方はこれまで政府 にしっかり伝えてきた」と述べ、党で意 見集約は行わない考えを示した。

仙谷氏は合同会議終了後、周囲にこう 漏らし、強気の姿勢をのぞかせた。
「サイレントマジョリティーは発言し ないからな!」 (村上智博)







もしアナタのとる行動が無意味で何の成果も生まないことだとしても、あなたはそれをやらなければなりません。それはアナタが世界を変える為ではなく、アナタが世界によって変えられない為なのです。

みたいなガンジーさんの言葉をよくキモに命じますが、

どうだろう。
今、言うなら、

アナタがもし原子力発電の無い世界を少しでも望むなら、または原子力発電に少しでも疑問を抱くなら、アナタの行動で示さなければなりません。それはアナタの声により原子力発電を止める為では無く、あなたの沈黙が原発を動かしてしまわない為なのです。

ってとこですかね。
[PR]

by tsuyamademo | 2012-04-18 10:35
2012年 04月 17日

ご迷惑をおかけしてます。

まともに暮らしたいインドの人が迷惑してます。「日本はどうして原発をインドに売るのか」


終息も出来ず。
情報提供も出来ず。
保証も出来ず。
謝罪すら出来ず。
対策もできず。
日々伝えられるのは過去についたウソばかりのくせにまだ、あーだこーだ理由つけて東京電力福島第一原発事故をまるで無かったかのように 原子力発電にすがろうとするこの国の大人が海外にまで迷惑かけてます。
申し訳ないと言えばいいのか、情けないと言えばいいのか、よくわからんけど、じょーだんじゃねーっての!!!

再稼働やめろ!
原発輸出やめろ!

偉そうに聞こえますか?


「日本の原発は安全です」
電力会社はまだ言ってます。
[PR]

by tsuyamademo | 2012-04-17 07:57
2012年 04月 14日

5月12、13日

拡散用ビラ完成しました。
表と裏でプリントアウトしていただけたらうれしいです。
d0244584_195223100.jpg
d0244584_17571140.jpg

d0244584_17191325.jpg
d0244584_17192628.jpg

[PR]

by tsuyamademo | 2012-04-14 17:21
2012年 04月 14日

おーい!!

4月13日、東京電力福島第一原発4号基の冷却水が供給出来なくなりジワジワと水温が上がる中、野田政権は抜本的対策も施していない大飯原子力発電所の再稼働が妥当 との判断下した。

関係閣僚会合にて国が再稼働へと決断することを阻止しようと総理官邸、関西電力本社で多くの人が雨の中、抗議の声を上げるその最中の出来事である。


その総理官邸前の抗議に参加された原発技術者と名乗る参加者のスピーチの一部をTwitterから転載しときます。
「あぶないことは前からわかってたんです。そんな中で、福島で事故が起こってしまいました。日本の原発が安全じゃないことは、技術者はみんな知っています。原発なくても電力が足りることもそう。でも誰もなにも言えなかった。ですが、もう黙ってはいられません」





本日14日は枝野経済産業大臣が大飯に向かうと言うことで、沢山の方が抗議に駆け付けるでしょうが、どうしてもその場に行けない人(僕も)の為に抗議先を貼っときます。ので是非!



仙谷由人事務所 国会事務所 tel.03-3508-7235 fax.03-3508-3235 徳島事務所 〒770-8053 徳島市沖浜東1-64 tel.088-626-1059 fax.088-655-9130
仙谷由人ホームページ

野田佳彦 
首相官邸:TEL 03-3581-0101 FAX 03-3581-3883
国会:TEL 03-3508-7141 FAX 03-3508-3441
船橋事務所: TEL 047-496-1110 FAX 047-496-1222
衆議院議員 野田よしひこ

枝野幸男:
東京事務所(議員会館)TEL:03-3508-7448 FAX:03-3591-2249
大宮事務所TEL:048-648-9124 FAX:048-648-9125
枝野幸男オフィシャルサイト 民主党衆議院議員|ご意見・ご感想


細野豪志:
国会事務所TEL 03-3508-7116 FAX 03-3508-3416
三島事務所TEL 055-991-1269 FAX 055-991-1270
富士事務所TEL 0545-55-5411 FAX 0545-55-5412

藤村修:
東京事務所(議員会館)TEL:03-3508-7074 FAX:03-3591-2608
大阪事務所TEL:06-6337-3694 FAX:06-6337-4354

おおい町役場
tel:0770-77-1111 fax:0770-77-1289

関西電力本社 06-6441-8821




福井県 原子力安全対策課 
メール ( gennan@pref.fukui.lg.jp )
tel:0776-20-0313
fax:0776-21-6875

再稼働絶対反対!!!
[PR]

by tsuyamademo | 2012-04-14 11:55